電動空気入れ 車 タイヤ

電動空気入れで車のタイヤの空気は入れられるの?

電動空気入れ 車 タイヤ

 

マイカーのタイヤに空気を入れるときはどこで入れていますか?

 

多くの方が車検に出したときだったり、中古車販売店やカー用品店、ガソリンスタンドに行ったときにタイヤの空気圧の点検をしてもらうことが多いと思いますが、実は車のタイヤの空気は自分でも入れられるのですよ。

 

車によって違うのかもしれませんが、車のドアを開閉する時の接地面にタイヤの空気圧の基準が書かれていて、その基準に空気を入れることでタイヤの圧を自分でも入れられるのですね。

 

ただ、車のタイヤに空気を入れるときは100円ショップで販売しているような空気入れではできません。

 

電動空気入れのようにしっかりとした空気入れでないと空気を入れられないのですね。

 

市販されている電動空気入れで車のタイヤを入れることができるのですが、おすすめなのは空気圧も一緒に測定できるタイプのものを選ぶのがいいですよ。

 

空気を入れるのと同時に空気圧も計れるものだといちいちタイヤの圧を計ったりする必要がないので便利です。

 

車のタイヤに空気を入れるときは必ず空気圧で圧力を確認してください。

 

自転車のタイヤに空気を入れるときもできれば空気圧を計って確認するべきなのですが、車のタイヤの場合は特に大きな事故につながる可能性が高いので、絶対に確認しておきましょう。

 

自動車の事故は周りの関係ない人たちを巻き込んでしまうこともありますから、しっかりとチェックを怠らないようにする必要があります。

 

もし自分で電動空気入れを使って車のタイヤを入れるときは適当に行わず、仕事と同じくらいしっかりと責任をもって作業しましょうね。

 

ちなみに、このサイトで紹介しているエアホークプロは電動空気入れであることはもちろん、空気圧も設定することができるので、自分が設定した数値で自動的に止まってくれます。

 

エアホークプロは楽に空気が入れられるのはもちろんなのですが、しっかりと事故を防ぐ役割も担ってくれるのですね。

 

エアホークプロでは専用のアタッチメントもついているのでアタッチメントを代えるだけで車のタイヤから子供のビニールプールまで空気を入れることができるので、一家に一台あるだけで空気を入れるものに関しては心配することはないでしょう。

 

車のタイヤに空気を入れることは慣れていないと大変そうに思えますが、やってみると意外と簡単にできますから、エアホークプロを使って車のタイヤに空気を入れることになれておくと、お出かけしたときなど役に立つことがあるかもしれません。

 

エアホークプロの口コミ評判をみてみる