エアホークプロ 空気抜き

エアホークプロの空気抜きにも使えるの?

エアホークプロ 空気抜き

コードレスの電動エアコンプレッサーとして大人気のエアホークプロですが、空気を入れるだけでなく空気を抜くのにも使えないのかということが気になっている方もいるようですね。

 

エアホークプロが空気抜きとして使えるのかという点に関してですが、電動で空気を抜くという機能はありません。

 

ですので、空気を入れすぎた場合は別の方法で行う必要があります。

 

ビニールプールやボール、自転車のタイヤに関しては付属品のアタッチメントを使って針をさせば半自動的に空気が抜けていきますので、電動で空気を抜くという必要はないでしょう。

 

バイクや自転車の空気に関してはそういった方法で空気を抜くことはできませんが、ほかの方法で空気を抜くことはできますから難しいことはありませんね。

 

ですので、エアホークプロには空気を入れることはできるけれども空気を抜くことはできないということだけでも覚えておくといいでしょう。

空気圧を設定して使おう

エアホークプロは電動で空気を入れることができるので、気軽に空気を入れてタイヤなどをパンパンに膨らませることができますが、空気を抜くということはできないので入れすぎてしまうと少し面倒があるかもしれませんね。

 

空気を入れすぎて面倒を増やさないためにも、エアホークプロを使うときは前もって空気圧を設定しておくようにしましょう。

 

 

エアホークプロの空気圧の設定はボタン一つで気軽に行えますし、デジタル液晶画面で数値を確認しながら空気を入れることができますから空気を入れすぎてしまうということは避けられます。

 

また、空気圧を設定していれば空気を注入していても自動で停止するようになっているので、空気を入れすぎる心配はありません。

 

 

事故の防止という面からも破裂する可能性があるものや安全性が必要なものに関してはしっかりと事前に空気圧を設定するようにしておきましょう。

 

 

ちなみに、エアホークプロは負荷のかからない状態や動作しない状態が30秒くらい続くと自動で電源が切れるようになっているので安全性には十分配慮されていますよ。

 

口コミでの評判も高いですし、安心して使えるのが嬉しいですね。

 

 

>>エアホークプロ公式サイトで詳しく知ってみる