エアホークプロ 使い方

エアホークプロの使い方は超簡単!

エアホークプロはトリガーを押すだけのワンタッチ操作で様々なものに簡単に空気を入れることができます。

 

いわば巨大なエアコンプレッサーの機能を携帯可能なコンパクトサイズにした革新的なエアコンプレッサーなので、手動のように面倒で体力の必要な作業は必要なく、車のタイヤのような大きなものにも空気を入れることができますよ。

 

 

エアホークプロの使い方で注意すべき点としては専用のアタッチメントを付け替えるようにすることでしょうか。

 

タイヤ用、ボール用、ビニール用など複数のアタッチメントがありますからつけ間違えないようにしましょう。

 

間違って付けたら空気を入れることができないので、特に問題はありませんが。

 

 

ちなみに、タイヤ用のバルブには英式、米式、仏式がありますが、エアホークプロは英式と米式に対応していて、仏式には対応していません。

 

ですので、ロードバイクなどに使用する際にバルブが仏式のものを使用している場合は市販のアダプターを別途用意する必要がありますよ。

 

 

ほとんどの場合が英式か米式なので、特殊なロードバイクや車を使っていなければエアホークプロで空気を入れることができますのであれば便利であるというのは変わらないでしょう。

ボールやビニール製品に入れるときの注意点

エアホークプロはタイヤからボール、浮き輪まで幅広く空気を入れることができます。

 

便利であるのは間違いないのですが、その反面、同じような感覚で使ってしまうとトラブルを引き起こしてしまう可能性もあるので注意が必要ですよ。

 

タイヤに空気を入れている感じで浮き輪に空気を入れてしまうとあっという間にパンパンになりますので、目を離さずに使うようにしましょうね。

 

 

エアホークプロは自動で空気を入れることができるので、タイヤなど空気圧を確かめながら入れるものに使用することが普段は多いと思います。

 

 

浮き輪などのビニール製品に空気を入れるときはたまにしかないと思いますので、いつもとは違うものに空気を入れるときは特に注意が必要かもしれません。

 

 

エアホークプロは使い方は難しくありませんが、初めて使うものに対してはどんな感じで空気がたまっていくのかをしっかりと確認しながら使うと安心して使っていくことができるのではないでしょうか。