エアホークプロ 欠点

エアホークプロの2つの欠点と対策方法

エアホークプロ 欠点

 

エアホークプロはコードレスの電動エアコンプレッサーなので便利ですし、あっという間に空気が入るので重宝します。

 

ですが、どんな商品やサービスでもメリットだけでなくデメリットがありますし、当然エアホークプロにも欠点がありますよ。

 

挙げられる欠点としては主に2つ。その2つの欠点と対策方法を事前に確認しておきましょう。

 

 

エアホークプロの欠点@…音がうるさい

 

コードレスでコンパクトサイズではありますが、電動エアコンプレッサーですので空気を入れるときにそれなりの音がします。

 

閑静な住宅地で使ったり、夜間や早朝に使うのにはあまり適していないので、使う場所や使う時間帯を選ぶ必要はありますね。

 

ただ、日中に使う分には問題ありませんし、気になる部分ではありますが注意して入ればそれほど気になる欠点にはならないでしょう。

 

エアホークプロの欠点A…米国式のみの対応

 

自転車のタイヤに空気を入れるときにバルブがあますが、バルブには大きく2種類あります。

 

一つは米国式、もう一つは仏式となっているのですが、エアホークプロは米国式のみに対応しているのですね。

 

ですので、自転車のタイヤによっては空気がうまく入らないということも起きます。

 

例えば、ママチャリなど普通の人が乗る自転車はほとんどが米国式なので特には問題なのですが、ロードバイクやクロスバイクなど競技用の自転車は仏式も多いので、うまく空気を入れられません。

 

変換器もあるので、そういったものを使えば入れられないこともないですが、コツもいりますし、どうしても空気が上手に入らないということもありますから、あまり適していないというのは知っておいた方がいいでしょう。

 

対策がないこともないですが、仏式の場合はそちらの専門の空気入れを使った方が失敗する確率がありませんから、エアホークプロを使わない方がいいかもしれませんね。

 

エアホークプロの欠点はほぼこの2つ以外にはないと言っていいと思います。

 

 

口コミ評判を確認してみても、全体的には満足されている方が多いですし、欠点を探しても音がうるさいという事以外はほとんど言われていませんし、ロードバイクに使っている方は少ないので、あまり目立った欠点として挙げられていません。

 

それよりも普段使っている自転車やバイク、車のタイヤに自分で気軽に空気を入れられることが評価されていますし、空気圧も設定できるのところが評判です。

 

タイヤに空気がしっかりと入っていることは事故をしない、事故に巻き込ませない上でも大切なことですから、ぜひエアホークプロで事故を未然に防ぐ準備をしておきましょう。